猫と戦争/「夜の国のクーパー」伊坂幸太郎

 

f:id:asuyomi-book:20200511104455p:plain


おすすめの作家は?と聞かれたら、迷わず伊坂幸太郎と答えます。

 

こんにちは、雫です。

皆さん、家にいることが多くなり、本を読みたい人も多いのではないでしょうか。

 

冒頭でも述べたように、私は伊坂幸太郎さんの本が大好きです。

伊坂さんはどんでん返し系の物語が多いので、読んでいてわくわくしてきます。

ものすごい展開になっても、最後にきちんと伏線回収をしてくれる。

全体の構成がしっかりしているなと、いつも感心せずにはいられません。

 

しかし、作品が数多くあって、何から読めばいいか分からないという方もいると思います。

そこで今回は、初めてでも読みやすい作品を一冊紹介します。

 

「夜の国のクーパー」伊坂幸太郎

 

殺し屋や強盗など、ちょっと物騒なストーリーが多い伊坂さんですが、こちらはファンタジー要素が多いので、そんなに重苦しさを感じずに読めると思います。

  

今から読む人に魅力を伝えたいので、今回はネタバレなしで見どころを紹介していきます!

まだ読んでいない人も安心して最後まで記事をご覧ください。

 

 

こんな人におすすめ!

伏線回収を楽しみたい人

・ファンタジーが好きな人

・常識に囚われて前に進めない人

 

伊坂さんの作品ではしっかり伏線回収されていて、読んでいて思わず感心してしまいます。

その中でも今回の作品は、ファンタジー要素が多いことが特徴です。

常識に囚われないストーリー展開をお楽しみください。

 

あらすじ

目を覚ますと草むらで蔓に縛られていました。

僕の胸の上には灰色の猫が座っていて、「ちょっと話を聞いてほしいんだけど」と声を出します。

猫が人間の言葉を話すのには驚きですが、その猫はもっと驚くべきことを話します。

トムと名乗る猫の話によると、トムの住む小さな国は戦争に負け、敵の兵士たちがやって来たそうです。

兵士たちが国を支配し始め、国王も殺されてしまいます。

小さな国の人間たちは大混乱。

そんなとき、誰も乗っていない馬が現れ、兵士たちも少し困惑します。

 

それを見ていた住民たちの間では、こう囁かれました。

「もしかすると、あれは透明になったクーパーの兵士が乗っていたんじゃないかな」

 

透明? クーパー?

トムの話を黙って聞いていた僕は、全く話についていけません。

 

不思議な世界のお話を聞かされている気分ですが、どうやらトムの住む国で実際に起こっていることのようです。

 

クーパーとは一体なんのことなのでしょうか?

トムの住む小さな国は、これからどうなってしまうのでしょうか?

 

おすすめポイント

猫目線での描写

基本的に猫(トム)の目線から物語が進んでいきます。

トムの話す不思議な世界での出来事を僕が聞いている、という形です。

猫が鼠を追いかけるときの感情なども描かれているので、少し猫の気分が味わえます。

 

世界観の違い

猫の目線で語られるため、考え方や言葉が違う部分がいくつも出て来ます。

普段使っている言葉でも猫には通じないものも多いので、僕はそのたびに言葉の説明から始めなければいけません。

そのような文化、制度の違いを、言葉を使ってうまく表現されています。

 

意表を突く展開

あらすじでも書いたように、クーパーの兵士など、全く聞いたことのない単語が登場します。

それらがこれからどうなっていくのか、トムがこれからどんな話をするのか。

続きが気になって一気に読んでしまうことでしょう。

  

最後に

今回は少し不思議な世界の戦争のお話を紹介しました。

気になった方は以下のリンクから購入してみてください。

家にいる時間が長いこの機会に、読書を楽しむのはいかがですか?

 

また、伊坂さんの作品は他にも面白いものがたくさんあるので、ぜひ一緒に読んでみてください。

伊坂さん初心者でも楽しめる本をいくつか載せておきます!